裏小説

痴漢
1ページ/2ページ


女×男子学生






男だから、と言って痴漢されないなどは無いらしい
女の人だって欲求不満とかで男の身体を触ってみたいとか…思うのかな
今の状況ではあまり頭が働かない


「あっ…」

不意に後ろの割れ目から細長い指が侵入した
さっきから太ももを触っていた手に違いない

「可愛い声を出すのね坊や…」

若い、とは到底言えない女の声
40から50くらいだろうか?

さっきからこの人、僕に痴漢行為をしている
助けを求めたくてもみんな僕の事気付いてないし(なんで?)

「…止めて下さいっ」

プーンと鼻に少しキツイ香水の匂いがした

「あらぁ?止めて良いのかな、触ってない場所はこんなに膨らんでいるのに」

「なっ…触らないでっ!」

「制服は進学校のね…、優等生がこんなに淫乱で良いの?」

「…ちがっ」

「違わない、だってほら」



"こんなに立ち上がってるんだから"



ぐぃっと強く握られて眉をしかめた
こんなに強く握られても…痛いだけ


「お邪魔しまーす」

え…ちょ…
チャックを下ろされて女の手が入って来た

「やめっ「ヌかないといけないわね、これは」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ