Novel2

□眼鏡の秘密
1ページ/5ページ



某日PM18:30






今日は、
葵理事と一緒に、
帰ることになった。



二人で、学院の駐車場まで
歩いているときに
雨が降ってきた。



最初は、小雨だったのが、
たった二分位で大雨になった。
運悪く、お互い傘は
持ってなかった。






あと少しで車に乗れるのに…
でもこれじゃ、
車が水浸しになってしまう。




「葵理事、これじゃ、
車が水浸しになっちゃいます。」





「そうだな。
理事長室に戻るか。」






「ええ。そうしましょう。」





葵理事の顔を見て、
返事をしたとき
私は息を飲んだ。








.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ