□ブックタイトル
笑顔の貴方にありがとう

□執筆開始日
2009年10月18日

□カテゴリー
日記
 恋愛日記

□概要
彼が告白してきたのは中学に入りすぐの事。違うクラスだったけど告白された事が嬉しくてその場で付き合った。大人しい彼、静かに笑う顔が好きでただ見ているだけで毎日が楽しかった。中学を卒業、私は女子校へ彼は男子校。バイトがしたかった私は4ヶ月で中退し飲食店へ。17歳になり親の同意の上マンションを借りる。彼もよく泊まりに来ていた。彼は高校を卒業し大学へ。ツーリングの好きな彼が欲しいバイクがあると雑誌を見ていたので誕生日にプレゼントをした。冬、ツーリングの途中に命を落とした。彼の家族から責められた。ツーリングをよく思っていなかった両親。バイクをプレゼントした私。人殺しだと言われた。それから3ヶ月後、酒に溺れた私を友達が心配して泊まっていた。痩せていくのに腹は出てくる。妊娠検査薬を渡されすると陽性。すぐ産婦人科へ連れていかれ妊娠6ヶ月との事。不思議な事に頭がスッキリした。家族の支えもあり産み、半年後に子供と2人の生活へ。時々彼が恋しくはなるがいないと言い聞かせる。私が殺したと今も言われる中、ただ生きていたいと思ってる。

□読者へのメッセージ
とりあえず生きてたらいい事あった


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ