宝物庫

□輝く橙色の光
1ページ/2ページ



                  輝く橙色の光





               すべてはこの一言から始まった。




               「暇っスねぇ、夜一サン」







瀞霊廷の一角、双極の丘地下にある巨大な練習場。
そこに、十二番隊長、浦原喜助と隠密機動総司令官、四楓院夜一はいた。
二人とも、この時間にここにいることはありえない人物なのだが…。
二人にはそんなこと、まったく関係ない。




「喜助……おぬしが暇なわけないではないか。今頃あの気味の悪い副隊長がそなたを探しておるぞ」


「夜一サン、失礼っスよ……。やることが無いんじゃなくて、やりたいことがないんスよ。私は。」


「仕方のないやつじゃのう。そなたの副官の苦労が目に見える」


ここで一緒にサボっている夜一も、人のことをあまり言えないだろう…と浦原は思ったが、あえて口にはださない。


しばらく二人で話していたが、飽きてきたのか、だんだん口数も減っていく。


と、そのとき寝転がっていた浦原が、突然起き上がる。


驚いた夜一が問う。

浦原の答えは単純明快だった。


「現世いきましょう、夜一サン!!」

呆然としていた夜一は、半ば浦原に引きずられる形で穿界門をくぐったのだった。


その頃の瀞霊廷はといと…………


「まったく、どこに行ったのカネ!?あの変態腹黒隊長は……見つけたらミンチにして、実験用の餌ダヨ!!」


「夜一様〜!!どこへ行ってしまわれたのだろう…まさか、また浦原喜助と…許せん!夜一様に近づく不届き者め!雀蜂で塵にしてくれる!!」


いつものように賑やかな瀞霊廷であった。







浦原と夜一は、現世、空座町に来ていた。ちゃっかり義骸着用済み。

「さぁて、どこ行きましょうかねぇ。久しぶりの現世っスし」

「いろいろ見て周りたいのじゃがのう……喜助、見てみい」

     
そう言って夜一が差し出したのは伝令神機。


「虚っスかぁ。最悪のタイミングっスね」

    
浦原は忌々しげに伝令神機を睨む。だが、仕事なのだから仕方がない。

二人は仕方なしに、虚退治へ向かう。


伝令神機が指し示す場所へ行ってみるが、そこには何もいなかった。
しかし、こちらの様子を伺っている気配を感じる。恐らく、この虚はかなり魂魄を喰った虚なのだろう。並の虚とは格が違う。


始めは虚のほうからでてくるのを待っていた二人だが、まったく現れる
素振りを見せない敵に、夜一が切れた。

  
「ええい、さっさと出てこんかい!こっちは、久しぶりの現世なのじゃ。
早く片付けたいというに…!」

半分以上八つ当たりで、夜一が霊圧を上げる。その霊圧に釣られて、
ようやく虚が姿を現す。


「ようやっと出てきおったか。喜助、そなたはさがっておれ、これは儂の獲物じゃ。儂を待たせたこと、後悔させてくれる…!!」


浦原は夜一の迫力に思わず一歩さがる。今の彼女に下手に関わると、
自分まで粉々にされるかもしれない……背中に冷や汗が垂れる。



夜一が攻撃の構えをとる。そして、まさに攻撃を仕掛けようとした、その時。



夜一と浦原の視界に、鮮やかな橙色。その色が消えたと同時に、虚の姿が
消える。何がおきたか、わからなかった。



「どうゆう……ことじゃ……!?」


呟くと同時に、背後から感じる、圧倒的な霊圧。あまりに強大なそれに、
二人の全身から汗が吹き出る。


振り向いた二人の視線の先には………………………子供。


「子供………じゃと……!?」


ありえない。この巨大な霊圧が、こんな小さな――3〜4歳の子供から
発せられているというのか。 


しかも、子供の背にあるもの……あれは、斬魄刀ではないのか。
子供は明らかに死覇装と思われる着物を着ている。
背に背負った不釣合いなほどの大きさの刀。
瞳は光を放つ茶色。
そして髪は…………鮮やかなオレンジ。


唖然としている二人をよそに子供は、唐突に口を開く。


「お兄ちゃん達……死神??」


なぜこの子供は、死神のことを知っている??さっきのあの虚……
あのレベルの虚を一撃で倒したのか、この子供が。


 
夜一より早く立ち直った浦原は、震えを押し殺しながら、子供に聞く。


「さっきの虚………君が倒したんスか……?」


子供は事もなげに頷く。


「それが………どうかしたの???」


僅かに首を傾げる仕草は、これ以上ないほどに愛らしい。
こんな状況でなければ、問答無用で抱きしめていたかもしれない。


「君は………死神?」


こくん、と小さく頷く。護廷隊に、こんな子供はいただろうか?
この霊圧と髪だ。いたなら嫌でも目立つ。
だが、この子供は見たこともない。  

    
「君の名前は……?」




「…………くろさきいちご」


     
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ