〜長編小説〜





けいおん!男主NL小説




あの日、桜の木の下で僕は君に救われた



名前は覚えておらず、姿もおぼろ気だが、いつか必ずあの日言えなかった感謝の思いを伝えたい





………それが僕の夢だから………

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ