梔子隊

□第七話
1ページ/4ページ

「ヒロ!」


仁王は片割れがいるであろう、場所に走った。


「ヒロ、どこじゃヒロ!」


仁王の記憶と、片割れとしての感覚をフル活用して柳生を探す。
そして、学校から少し離れた河原で見慣れた二人組を見つけた。


「ヒロ! 赤也!」
「マ………サ………」


二人と対峙した仁王は二人から違和感を感じて、警戒する。


「…………ヒロ、怒っとらんから正直に言うてみ? 人のロッカーに悪戯したんは誰じゃ?」
「…………ぶ…ちょ、です」
「ほう。んで、その部長様は何処に?」
「わ……の……し、ろ」


それを聞いた仁王は後ろに跳躍した。


「………おまんは何者じゃ?」


そして、二人の背後を睨みつける。


「ふむ、少しかかりが悪かったか」


なにか特殊な術か道具を使っていた様で、その声とともに男が姿を表した。
その上、仁王の質問を無視してその男は呟く。


「おまんは、何者じゃ?」


もう一度その男に質問を投げ掛けた。


「ん? お前は俺が見えるのか。俺は………世界を変える者、とだけ言っておこう」
「二人に何をした」
「部下にしただけだ」
「ふざけるな!」


イノセンスを発動させて、いつでも攻撃が可能なように構える。


「その鎖、柳生比呂士と同じ物か? なら、お前の出番だ。ゆけ」


男が自分の代わりに仁王に向かわせたのはなんと柳生だった。


「ヒロ?!」
「逃げ……て」


手刀に鎖を纏わせ、切りかかってくる。


「ヒロ、ヒロ! しっかりしんしゃい!」


柳生に攻撃が出来ない仁王は鎖を使い辛くも避け続ける。


「なま、え……もう、一つ………の」
「もう一つ? ………!」


柳生は仁王に何かを伝えようとしていた。
だが、その意思とは裏腹に柳生の攻撃の手は休まらない。


(ジョーンズ姓が、どうしたんじゃ?!)


「見つけた!」
「何で二人が戦ってるんだよぃ!」


そこに周助・幸村・丸井の三人が到着した。
そして、仁王の援護をしようと近づこうとする。


「ちっ、死神か」
「「来るな!」」


だが、二人の叫びでその場を動く事が出来なかった。




.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ