long story


□白い記憶
1ページ/2ページ




目が覚めたら
明るい部屋にいた。

此処は何処…?

「…あら、気が付いた?」

「……はい、あの…。」

「あなた…お名前は?」

ナマエ、なまえ…名前?

聞かれて初めて気が付いた。

自分の名前が分からない、
なんて。

「何か言えない事情が?」

「……ごめんなさい。
私…分からない…です。」

「あら…そう、じゃあ
何故ここに居るか分からない?
自分の身に何があったのかも?」

「…はい。」

申し訳なくて私はただ
謝るしかなかった。

「そう…良いのよ、大丈夫。
少しこのまま
待っててもらえるかしら?」

「はい。」

出て行きかけた
ナース服の彼女は
くるりと振り返った。

「あ、私ローズよ。」



.

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ