long story


□危険因子
1ページ/2ページ




「……っふわぁ……………。」

眩しい朝日で目が覚めた。

暫くの間、ベッドに
半身起き上がってぼーっとする。

「……………………。」

「おはよう。」

ローズさんが入って来て
にっこり微笑んだ。

「あ…おはようございます。」

「眠そうね?あんまり眠れなかった?」

「そんな事ないです、
一度だけ目が覚めたので
潮風にあたりに少しだけ部屋から出ました。
…すみません、勝手に。」

「あら、いいのよ。迷子にならなかった?」

「大丈夫でした。
その時、偶然エースさんと会って。」

「エース!?大丈夫?襲われてない?」

ローズさんが真顔になって言うので
私は思わず笑ってしまった。

「っふふ!大丈夫ですって。」

「やだ、冗談で言ってる訳じゃないんだから。」

ローズさんはマジだ。

エースさん、
そんな人には見えなかったけど…。

「さ、とにかく着替えて支度してね。
大ニュースがあるの、船長が待ってる。」

「はい。」



.

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ