long story


□甘えた卑怯者
1ページ/3ページ




あの雨の夜から数日、
思いだしかけた記憶は曖昧なまま。

島に着く気配が無いものだから
すっかり居候してしまっている。

それでもクルーの皆さんは
嫌な顔一つしなかった。

それどころか、私に話し掛けてくださったり
本当に優しい方ばかりで。

このまま、島が見えてこなければ
このまま、この時間が続いてくれたら
なんて思ってしまう。

わがままだって分かってるけれど、
そう望む私がいて。

だから最初に見えてきた島が
無人島だと分かった時は
思わず嬉しくなってしまった。



.

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ