long story


□見透かされた嘘
1ページ/2ページ




赤色を放つ炎はエースさんによって消され、
私はマルコさんに引き戻された。

「おい、シャロンお前…?」

「………。」

近づいて来たエースさんの口から出た疑問は
その場にいた誰しもが思った事で。

「記憶が…戻ったのね…?」

ローズさんの言葉にゆっくりと頷く。

何をどう言ったら良いのか分からなくて。

とにかく此処に居る訳にはいかなかった。

此処に居れば必ず迷惑が掛かる。

一刻も早く離れねば。

甦った記憶が私に言う。

お前は道具だ、と。



.

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ