long story


□信じられる確かなもの
1ページ/2ページ




彼の答えは、私が望んだそれで。

躊躇いなく彼は言う。

「当たり前ぇだ…!!
娘は道具じゃねぇ。存在意義なら
傍に居てほしい、
それだけで十分じゃねぇのか?」

傍に、居る。

それが…必要とされること。

必要な時だけ近くに居ることを許される、
そういう生活ばかりだったから。

その言葉は私を信じさせるのに十分だった。

この人を、白ひげを、信じてみよう。

もう一度だけ、これで最後。

この世界に別れを告げる前に、もう一度だけ
人を信じること、この人に賭けて。

手の甲で零れ落ちる涙を拭い
ゆっくりと目線を上に上げると、
白ひげさんのそれと交わる。

「…答えは出たのか?」

そう、たった今弾き出された私の答えは。






「私を、……娘にしてください!!」

一息すった後、一気に。

もう戻れない、その一歩を。



.

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ