long story


□それは嵌められた象徴
1ページ/2ページ




「私は此処数年…海軍本部の一室で
軍の監視の元、生活をしていました。」

「……。」

「この海楼石は仰る通り、
私の悪魔の実を封じる為の物です。」

自力で外せないそれが
この少女が道具である事を物語っていた。

「私が、食べたのは、―――」

左手首に嵌まる海楼石を触りながら
彼女が口にした悪魔の実の名に
おれは確信した。

――ミズミズの実、
それは自然系の中でも珍しい種として
名前だけは有名な代物で。

能力者の存在は未確認とされてたが…。

以前、耳にした娘の話を思い返した。

海軍本部でいいように使われている少女の話を。

水に引き付けられ
炎に過剰な反応を示したこいつを
あるいは、そうじゃねぇかと疑っていたが…。

間違いない。



.

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ