long story


□1人の少女の話
1ページ/1ページ




二年程前の、ジンベエから聞いた話を
こんなにもはっきり覚えていたのは
偶然か、否か。


"海賊船から保護した子だと
言っちょったが、身元不明らしい。
あやつら能力については
はっきり口にはせなんだが…、
一目瞭然じゃったよ。
マリンフォードやらマリージョアやら
果ては軍艦まで、あちこちの火災を
消火させとるっちゅう話じゃ。
能力の制御が出来んとかで
海楼石を嵌められとった。"


"まるで道具だな…。"


眉間の皺をより一層、
深く刻みながら話すジンベエに
確かにおれはあの時そう応えた。

道具だと。


"可哀想なもんじゃ。
海賊から解放されたと思ったら
今度は海軍に監視され、制御され。
あれじゃあ、あの子にとっちゃ
何にも変わっちょらんだろうに。"


捕われては遊ばれて、
保護されたと思えば利用されて。

記憶の片隅に焼き付いて離れなかった
そんな不幸な少女の話。



.


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ