long story


□本当に怖れるもの
1ページ/2ページ




「シャロン…。」

「………。」

「…シャロン?」

「……な…さい…。」

「………。」

「ご、めんなさっ…い…。」

怖い、怖いの。

もうこれ以上、…これ以上、
私の中に……入ってこないで…
失うのはもうたくさんなの。

声に出して言いたかったけれど
……言えなかった。

出てくる言葉は一つだけで。

ただただ、ごめんなさい、と。

防衛本能なのか、やっと信じられた彼を
私は一瞬で拒み始めた。



.

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ