Butler of goddess

□5
1ページ/6ページ


―決闘の結果。

青山は、真人に一撃も浴びせることが出来ずに弄ばれていた。
余りに楽しそうに弄る真人に、審判である泉は苦笑しながら言った。
「そこまで…!!
もう許してやってくれ。」
そんな泉に、真人は頬を掻きながら舌打ちし、木場はこうなることが分かっていたのか、
「だからこのデュエロお止めしたほうがいいって〜…。」
と言っていた。
青山は地に伏せたままだ。
静かに剣を収める真人に、メイは泣きながら抱きついた。
その光景を見て、愛は不二子達と苦笑していた。
ちなみに、理人は呆れたようにため息を吐いていた。
「さすがSランクですなぁ…。」
「ケンカしたくねー。」
大門と根津が冷や汗を掻きながら言っていると、大門が誰かにぶつかった。
「わっ!」
…執事ならまだしも、お嬢様だった。
「も…申し訳ありません。
お怪我は…!?」
「あ…いえ…。」
―実はこのお嬢様、女装した理人達の弟、剣人だったりするのだが、
そんな事を知らない大門は惚れてしまったようだ。
「あっ!!」
ダッ!と逃げ出した剣人を、大門は目をハートにして見ていた。
「か…可憐だ…。」
「…おいっ!」
そんな大門に怒らないはずもなく、みるくはイライラしており、愛は苦笑しながら宥めていた。

2年組と話していたら、どうやら青山が捨てられたようだ。
不二子と愛はため息を吐いた。
「リカもガンコなんだから〜。」
「本当にね…。」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ