Black Joker

□3
1ページ/3ページ


―図工室―

先生の声が広い教室に響く。
「はーい、みんな席について〜。
きょうはお友だちの絵をかきましょう。
正面にすわった人の顔をかいてね。」
それに皆が元気よく答える。

そんな中、あむは―。

運が悪いのか何なのか、ペアの相手は気位の高い山吹 沙綾だった。
沙綾は、ここぞとばかりにアピールする。
「ホホ…。
わたくし、絵画教室に通っていますの。
日奈森さん、実物に忠実に美しくかいてくださらないとゆるしませんわよ?」
…つまりは、周りから絶大(?)な支持を受けているあむに勝とうと思っているのだろう。
そんな自慢げな沙綾に比べて、あむは
「う…うん…。」
と、テンション低めに答えた。
何故なら―。
(こ…これは見せらんないな…。
あたし絵の才能なさすぎ…。)
……まぁ、そういう事だ。

―ところで、星歌の方は…。

星歌のペアは、仲の良い鳩羽 雪だった。
仲が良い人でお互いにホッとしつつ、二人で他愛無い会話をしながら書いていた。

「…よし、できた。」
星歌がそう言うと、雪は星歌が終わるのを待っていたのか、
「じゃあ一緒に先生に出しに行こう。」
と言って、二人で見せ合いながら先生の居るところへ向かっていった。

「…!!凄いね、星歌ちゃん…!!」
雪は唖然としながら、こんな絵でごめんね、と星歌に謝った。
「何言ってるの?
私は、雪ちゃんが書いてくれて嬉しいよ?」
星歌が笑って言うと、雪は涙目になって抱きついた。
「…ありがとう。」
星歌に、精一杯の笑顔を向けて。

―提出した後、先生が星歌の絵を見て騒ぎ出したのは言うまでもない―
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ