Black Joker

□2
1ページ/5ページ


朝。
あむが落ち込みながら学校へ行っている時。
星歌達は―。

「それでねーっ」
「えー、それホント?やや。」
「可笑しいわね。」
ガーディアン女子sは楽しそうに笑いながら喋っていた。
「なぁ、唯世ー。」
「どうしたの?相馬くん?」
…ガーディアン男子sも意外に話が合うらしい。
皆、青や赤のケープを着ながら周りが自分達に見惚れているなど全く気付く事なく、笑い合っている。

いつの間にか学校に着いていた。
3年であるやや、5年である空海と別れ、4年であるなでしこと唯世、星歌で校内を歩いていた。
4年フロアまで来て、星組の星歌は月組のなでしこ達と別れて教室に入った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ