十四支

□6
2ページ/3ページ


「…うん、おいしい…。」
透が作った味噌汁を食べながら呟く由希。
「本当…流石透だわ。」
ニッコリと笑いながら言う音流。
「ホントですか。
味薄くないですか。」
まだ不安げに尋ねる透に微笑んだ2人。
「丁度いいよ。」
「美味しいわ。」
そこで漸くホッとしたように笑う透。
「それにしても、紫呉とバカ猫はどこまで出掛けてるんだろう。」
「そうですね…。
随分朝早く出たみたいなのに遅いです…。」
「別にいいけど。」
「折角透が作ってくれた料理が冷めちゃうわ。」
由希は無表情に。
音流は少し不満げに。
その様子を見ながら微笑んだ透。
「草摩君もさっき出掛けてましたね。
お買い物ですか?」
ひたすらモグモグと食べ続ける由希は一旦飲み込んだ。
「ああ…裏庭の、……秘密基地に。」
その言葉に透は違うものを想像する。
「秘密基地!?
うわぁ…っドキドキする響きですねっ!」
「透が考えてるのとは違うと思うわよ…。」
「よかったら今度招待するよ。」
「ええ!?
いいんですか!?
うっ嬉しいです、秘密基地っ!」
それからも何か言っている透を見て、由希と音流は静かに微笑んだ。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ