SS

□犯人マリコ おまけ
1ページ/2ページ


「おっじゃましまーす」


「「麻里ちゃん!!」」


「なにイチャイチャしてるのかなー」

「いつからいたの!?」

「今来たところだよ、鍵開いてるし、ちゃんと閉めなきゃダメだよー」


麻里ちゃんのことだからずっと居たにちがいない


「優子、作戦うまくいったー??」

えっ、ちょっとここで言いますか!?

「何作戦って??陽菜も聞きたーい!!」
「もちろん教えますとも、コラッゆっぴー逃げないの」

密かにドアの取っ手を握ったのに
部屋を逃げようとしたのに掴まれる手。

「陽菜の膝座るー??」
「えっ、いやっ、いいです」

ドアの近くで正座する私。


「実はさー、昨日ゆっぴーから相談されてさぁー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「明日、陽菜が家に来るんだけどさ、もっと甘えてきてほしいんだよねー、麻里ちゃんいい方法ない??」

「じゃあゆっぴー、まずは陽菜にスキンシップを取らないこと。陽菜って呼ばないこと。そうすれば寂しくなって甘えてくるでしょうねー」

「あっ、そっか!!麻里ちゃん頭いいー!!」

麻里ちゃんをおだてるように指を指すと
それほどでもーと麻里ちゃん。


「で、明日陽菜に何するの??」

意地悪そうな笑みを浮かべて聞く麻里ちゃん



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「でさぁー、陽菜にキスしてもらうんだぁーとか言っちゃってさ。しかもその時のゆっぴーの笑顔が嬉しそうでさー」

「ふーん。優子…」

小嶋さんの冷たい目線が私に突き刺さる
さっきよりも一層顔を赤らめて


「陽菜っ、ゴメン!!寂しい思いさせたのはわざとじゃなくって」

「わざとでしょ!!しかも何がキスしてもらうんだぁーなの!?もう優子なんかキライ」


「ちょっ、待ってこじまさーん!!!」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ