SS

□永遠の誓い
1ページ/4ページ





今日は私達二人の特別な日。


私のポケットの中には思いを乗せたものが。







出会ってからは何年も経っていて
そこからお互いに好きになって
やっと私が告白してから7ヵ月目の今日



いつもなら積極的なんだけど
これに関しては何週間前からか悩んでいた


これからもずっと一緒にいたい気持ちがどんどん膨らんで
ついに決断したプロポーズ


「結婚」という二文字が陽菜にとって重くないか
まだ早くないか
なんて妙にネガティブだった私を
背中を押したたかみなの一言

「にゃんさんも絶対に優子のプロポーズ待ってるよ」


私が信頼してるたかみなが言うんだもん
大丈夫に決まってる







.そして一生懸命シチュエーションを考えたんだけど…
結局は私の家に陽菜を呼び出すことにした




告白の時と同じ場所。






もっと何か雰囲気のいいところに
呼び出せばよかったかなぁなんて少しだけ後悔してる






ちなみに今陽菜はご飯を作ってる

天才肌の小嶋さんは私のために
いつからか私よりも料理がうまくなっていった







しかも今日は難易度の高いグラタンを作っています





その間に私はいろいろ考えつつ待っている






あー、どうしよう
結局陽菜の顔見たら緊張して違うこといっちゃうからなぁー
よし、その場のノリで何とかしよっか…










.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ