シャルルル

□シャルルル
2ページ/4ページ


「あっ…、うぁ…っ」

「うんぅ…、慣らしていないから、入らんと思っていたが…、案外すんなり入ったなぁ…」

「嫌っ…だ…、抜い…」

「弱者が強者に意見する権利等無い!!」

「ああっ…!!」


更に奥まで押し込むと、滴る鮮血が潤滑油の替わりを成し、挿入の手助けをする。


「見ろ、ルルーシュ…。今、お前の此処で、お前と私は一つになっているのだぞ…」

「い…、やだぁ…」


拘束されていない右眼から、涙が零れ落ちた。

視界の自由を奪われ、拘束された左眼からも、涙が流れたに違いない。

妖しく光る、赤い瞳から、涙が流れるのも見たいが、絶対遵守のギアスの力に掛かってしまっては意味が無い。


「何人の男の性器を、貴様の淫乱な此処に、くわえ込んだのだ?」

「うぅっ…」

「答えろ、ルルーシュぅ…」

「知…らな…」

「知らないぃ?数が多過ぎて、覚えていない、の間違いだろう?」

「ひっ…!!」

「少なくとも…、貴様の身体は、既に汚(けが)れているのだよ…。血の臭いと男の臭い、貴様の身体に纏わり付いたこの臭いは、一生取れぬ…」

「あっ、うぁっ…」

「そんな汚れた貴様が、ナナリーを守れると思うのか?」

「…っ…」


抵抗を続けていたルルーシュの腕が、電池が切れた玩具の様に、ピタリ、と止まった。


「汚れたお前の傍に居れば…、ナナリーまで汚れるぞ…」

「ナナ……リ…」

「それとも…、汚れて欲しいのか?ナナリーにも、自分の様に!!」

「違う!!ナナリーは誰にも汚させはしない!!貴様にも!!俺にも!!」

「なら…、ナナリーの代わりに、貴様が墜ちろ…」

「うあぁっ!!」


再び律動を始め、腰を激しく打ち付ける。

身体がぶつかり合う度に、結合部から奏でられる淫音に、酔いしれる。

我が息子ながら…、淫乱な、見事な身体だ…。


「うぁっ、あっ、あぁ…」

「ルルーシュぅ…。ブリタニアの性奴隷め…。痛みよりも、快楽が上か…。こんなに喜んで勃起させおって…」

「ちがっ…」

「違わないだろぉ…?痛みが快感なのだよ、貴様はぁ…。とんだ変態だなぁ…」

「うっ…」

「そんなに痛いのが良いのだったら、思う存分痛め付けてやろぉ…」

「んんっ…」


ズルリ、と自分の性器を淫口から抜き出すと、先走りの蜜が淫口から溢れ出し、ルルーシュの太腿を、艶やかに濡らした。


「たっぷりと可愛がってやろうではないか…」


腰にある鞭を手にしながら、嘲笑を浮かべた。




次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ