シャルルル

□ジェレルル
1ページ/4ページ


「ゼロをお連れ致しました、ジェレミア卿」

「うむ、ご苦労。下がって良いぞ」

「イエス・マイロード」

「……」


これが本当にゼロなのだろうか?

こんな少年が、大国に反逆する者なのだろうか?

しかし…、この顔、前にどこかで…。


「うっ…」

「…っ、お早うございました、ゼロ」

「…っ、誰…だ……」

「そんな淋しい事を言わないで欲しいものです。私です、ジェレミアです」

「……ジェレミア?あぁ…、オレンジか…」

「…もうその名で呼ぶのは辞めにしていただきたい。自分の立場をご理解で?」

「…っ……」

「あぁ…。夢にまで見たこの状況。私がゼロの上に立つ。まさに夢の様ではないですか!!」

「フッ…。オレンジと在ろう男が、随分と良いご身分になったものだな」

「……大口ばかり叩いていますが、貴方は今無力なのですよ?お得意のギアスも、頼りになる部下も居ない。そんな貴方がどうするおつもりで?」

「さぁな…。取り敢えず、貴様に殺されるのは勘弁したいとこだ」

「大丈夫ですよ、ゼロ。貴方は殺さず生かし続けろと、皇帝陛下から命を受けておりますので」

「…くっ…、アイツ…!!」

「殺さず…、性奴隷となりながら、ブリタニアの為に生かし続けろ、と…。死んだ方がマシだと思う位、屈辱を味わせ続けろと!!」

「うっ…!!」


首を掴み、そのまま強引に押し倒すと、ゼロは簡単に地面に倒れた。

こんな華奢で、貧弱な奴に、私は負けたのか?


「さぁ…、ゼロ…。今から私と楽しい一時を過ごしましょうか…」

「やっ…、やめろ!!」

「どうしてですか?もう何人もの男に抱かれたのでしょう?今更そんな処女ぶらないで下さいよ」

「嫌だ!!離せ!!」


ジタバタと、拘束されていない脚を動かし、必死に抵抗するが、人間ではない私の前では無力。


「大人しくしていれば、痛い目に合わずに済みますよ?」

「ハンッ、誰が貴様何かに大人しく犯られるか!!」

「理解完了。ゼロは痛いのがお好みなのですね?良いでしょう、お望み通り、酷くしてあげましょう」


拘束着のベルトを解き、拘束を解いて行く。


「このっ、やめろ!!」

「何故ですか?楽にしてあげてるのに」

「くっ…!!」


上半身の服を腕に残し、腕の自由を奪いながら、肌を露出させた。

真珠の様な美しい肌の上には、無数の跡が鏤められている。

それがキスマークだったり、鞭で叩かれた痕であったり、殴られた痕であったりと、様々な痕が身体に刻まれていた。


「滑稽ですね、ゼロ。どうです、痛みますか?」

「つっ…!!」


青く腫れた痣を親指の腹で思い切り押してやると、ゼロの顔色が苦渋の色に変わる。

あぁ…。その歪んだ表情も素晴らしい…。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ