シャルルル

□スザルル
1ページ/4ページ


バシャッ


「っ…」

「…きろ…」

「……う…」

「起きろ…」


水を掛けられ、無理矢理意識を取り戻された反逆者は、まだハッキリとしない意識で、俺を見据えた。


「……ハッ、お忙しいラウンズ様が、こんな所に何しに来たんだ?」

「……」

「まさか、わざわざ俺に逢いに来た訳でもあるまいに…」


相変わらず口が達者な奴だ。

こんな狭い牢獄に入れられ、毎日気が狂う様な事をされれば、少しは大人しくなると思ったんだが…、とんだ計算違いだ。

やはり、他の奴では駄目か…。


「…だとしたら、どうする?」

「…笑えない冗談だな」

「昔の友人に逢いに来たって、何も不思議では無いだろう?」

「偽りのな」

「偽りにしたのはどっちだ…」

「お互い様だろ」

「…そうだな、お互い騙し合っていたんだもんな…。毎日狂った様に求め合い、互いの身体を貪っていたのに…」

「っ、やめろ…!!」

「…何だ?本当の事じゃないか。あんなに毎日毎日、所構わず、俺とヤり合ってたくせに…」

「やめろっ…!!聞きたくない…!!」

「馬鹿だよなぁ、あの時の俺は…。反逆者と何回も寝てたんだぜ?考えただけでヘドが出る」

「っ……」


一瞬の内に、奴の顔が曇ったのが解った。

俺の放つ言葉が、鋭利なナイフの様に、奴の胸に突き刺さる。

そうだ…、もっと傷付けば良い…。


「まぁ…、今となってはどうでも良い事か…」

「っ!!よせっ…!!」


無理矢理ベッドに押し倒し、身体を組み敷くと、手足をばたつかせ、抵抗を始める。


「…うざったいなぁ、じっとしてろよ」

「うぁっ!!」


両手首を強く握り上げると、うめき声を上げ、ベッドに身体を沈ませた。

それを見て、持って来た縄で、両手首を一つに纏め、きつく縛り上げる。


「…今から何が起ころうとしているか解るか?」

「……っ」

「…何だと思う?思った事言ってみろよ」

「お前に言う事何て、何もない…」

「へぇ…、随分生意気な口をきくじゃないか…。自分の立場が解っているのか?」

「…ハッ、誰が…、貴様何かに…」

「……」


ピリッ、と脳に閃光が走り、憎悪の感情が沸き上がる。

この男は、わざと俺を煽る様な言葉を選んでいるのだろうか。

怒らせたい?

悲しませたい?

嫌われたい?

あぁ…、苛々する。


「…この中身が何か解るか?」

「?」


俺が持って来た紙袋を掲げると、奴は訝しげに、それを見つめる。


「…じゃぁ、今から俺が何をしようとしているのか、教えてやるよ」

「!?」


ガサガサ、と紙袋を逆にし、中身を放り出すと、奴は眼を見開き、驚愕の表情を見せた。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ