[進撃]ゆめみち

□進撃のわたし
1ページ/5ページ

私はある天性を持っていた。
その天性を認めた金持ちさんは、私にもっと勉強しろと言われて、養子になり私は伸び伸びとした広い空間で、コツコツと育てていった。

それは絵だ。



5年をかけて部屋を絵で埋め尽くした。



ふと思い出したように歩き回り、気に入った所だけを描く。


あぁ、なんて幸せなんだろう。


私の絵はそこにあるものだけでは飽き足らず、自分だけの世界を作るようになり、それらは高い評価を受け、噂はいろんな地域に伝染していった。


そんなことも知らずに私は飽きることなく絵に没頭する。


そんなある日私は思った。




「外の世界には何があるのかな?」



流石に絵を描くためだけに外に出る許可なんてもらえない。

でも私は外に出なければいけない。

外の世界を見なければいけない。

私はここで満足してはいけない。










そうだ。



兵士になればいいんだ。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ