[進撃]ゆめみち

□愛の扉
1ページ/15ページ

ある日ユリはリヴァイの部屋で本を読んでいた。

リヴァイはたまにユリの本を読む姿を見て、また自分の仕事に戻る。

部屋にはリヴァイとユリの紙をめくる音だけだ。

二人とも心地良さそうで、たまに紙をめくる音が被るとユリがクスッと笑う


リヴァイは何を考えているのかは分からないが、ユリはとても満足だった。



「…おい。」

そろそろ夕方になりかけた頃、リヴァイは仕事を終え、ユリの寝転ぶソファーにやって来た。

「おい…寝てるのか。」

そう言ってソファーから出る手に目をやるとユリが読んでいた本

「アラジン?」

アラジンという題名の本をペラペラめくると、絨毯に乗って雲の上まで行くシーンで、女の人の所から吹き出しで「外に連れ出して!」と言っている。


その本をリヴァイはペラペラと読んでいくとラストは敵を倒し、二人は結ばれて幸せになった。

リヴァイは本を閉じてユリに布団をかけた。

「そんなに外の世界が見たいのか…。」


リヴァイはそう言ってユリにキスをすると、その本をゆっくり机に置いた。







「ねぇリヴァイ。」

「なんだ。」

「何でいつもキスする時は私からなの?たまにはリヴァイもキスしてよー。」

「…また今度な。」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ