トライアングル

□第4章
1ページ/2ページ




4月も終わりに近づいた頃に1番無駄だと思う出来事が起こる。



それは体力テスト


1年の始めに必ず行われるそれが俺は大嫌いだ。




乙「よっしゃ!
学年1位取ってやるぜ!」


優「私も取る!」




運動神経抜群の乙輝とゆうちゃんは張り切ってる


でも運動音痴な俺はやりたくない


サッカー以外はまったくダメなんだ。




リク「はぁ…。」


乙「なにため息ついてんだよ。」


リク「どうして体力テストなんか…。」


乙「楽しいじゃん体力テスト。」


リク「それは運動できる人だけ。」


乙「サッカー部なんだから持久走とかは大丈夫だろ?」


リク「俺はずっとピッチには立たないんだ。」


乙「そうなのか?」


リク「残り15分になったら入るの。
だからムリ。」




体は硬いし足も遅い

力もなければ瞬発力もないんだから


乙輝に見つかりさえしなきゃあっちゃんと一緒にサボれたのに…。




優「あっちゃんは勿体ないよ休むの。」


乙「どうせあとでやらなきゃいけないしな。」


優「リク呼んできて?」


リク「なんで俺が…。
それに休みたいんだったら休ませてあげればいいじゃん。」


乙「彼氏だからだろ?
こういうのはみんなでやるから楽しいんだよ。」




その楽しさは知らなくていいしわかりたくもない 。




乙「早く迎えにいけよ。」


優「サボっちゃダメだからね!」


リク「わかったわかった。」




結局あっちゃんを迎えに行くことになって保健室へ行った。




リク「あっちゃん。」


敦「あ、リクもサボることにしたの?」


リク「その逆。
乙輝とゆうちゃんにあっちゃん連れて来いって頼まれた。」


敦「ふ〜ん。」




そう言えばあっちゃんの機嫌が悪くなってくる。




敦「頼まれたから来たんだ。」


リク「だって休みたかったんだろ?」


敦「リクが自分から迎えに来て欲しかった。」




ベッドから降りムスッとした顔を近づけられる


俺は何も間違ったことしてないと思うんだけど。




リク「あっちゃんちゃんと体操服着てるし。」


敦「迎えにくるってわかってたもん。」


リク「なんで?」


敦「あの2人が呼びに来ることくらい予想できるから。」




じゃあ最初から一緒に行けばよかったんじゃ…。





敦「なに?」


リク「なにも。
遅くなるとうるさいし行こ。」


敦「うん。」




あっちゃんの手を引いてグラウンドに戻った。





次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

ライブ配信アンケート




カスタマイズ


©フォレストページ