トライアングル

□第7章
1ページ/3ページ



最近ずっと優子の様子がおかしい。




優「はぁ…。」




今だって隣でため息をついて頭を抱えてる。




乙「何かあったのか?」


優「え?
な、なんでもないよ…。」




聞いたっていつも誤魔化されるだけ


なにか悩みがあるなら俺が聞いてやりたい


久し振りに優子の笑顔が見たいんだ。




リク「乙輝。」


乙「リクじゃん。
どうした?」


リク「話したいことがある。」




優子の様子を見てたらリクに呼ばれ踊場に行った。




乙「話ってなに?」


リク「俺ゆうちゃんに告白した。」


乙「…は?」


リク「好きだって伝えた。」




ちょっ、ちょっと待てよ


リクはまだあっちゃんと付き合ってるはずだろ


それなのに優子に気持ちを伝えたってことか?




乙「あっちゃんはどうすんだよ。」


リク「別れるつもり。
勝手だけど告白もしたのに付き合ってる訳にはいかないから。」


乙「勝手だよ…ほんとに…。
あっちゃんが可哀想だ。」


リク「それでもゆうちゃんが好きだから。」




リクの目は本気で申し訳なさはあっても揺らぎはなかった。




リク「乙輝はしないの?
告白。」


乙「わかってるだろ。
優子がリクを好きなことくらい。」


リク「けど返事はくれなかったよ。
俺からしたらゆうちゃんは乙輝も気になってると思うけどな。」


乙「そんなわけねぇよ…。」




そんなことあるわけない


ずっと近くで見てたからわかる


優子はずっとリクが好きであっちゃんといるのをいつも辛そうに見てた。



あいつにとって俺はただの幼なじみ


リクには勝てない…。




リク「俺は乙輝とゆうちゃんをかけて勝負したい。」


乙「…勝負?」


リク「だから乙輝もゆうちゃんに告白しなよ。
付き合うなら俺は完全に自分を見てもらいたい。」


乙「もう完全に見てるって…。」


リク「はぁ…。」




勝ち目のない勝負したって何の意味もない


優子は俺よりリクといたほうが幸せに決まってる。




リク「乙輝はゆうちゃんの幸せをいつも願ってたよね。」


乙「あぁ。」


リク「少しくらい自分の幸せを優先したっていいんだよ?」




そんなこと言うなよ


優子を自分のものにしたいって気持ちが抑えられなくなるだろうが…。





リク「今回の大会。
サッカー部と陸上部は日にちが被ってる。
俺はゆうちゃんに応援に来てって頼むつもり。」

乙「……。」


リク「毎回ゆうちゃんは乙輝を応援しに行ってるみたいだけど。」


乙「リクが言ったらあいつは喜んで応援に行くさ。」


リク「…もっと自分を大切にしなよ。
乙輝は優しすぎる。」




リクの言葉に少しだけど期待してしまった。



優子が俺に気があるってことはまだ可能性があるってこと


告白しようとか頭の隅で考えてる自分がいた。



もっと自分を大切に、
優しすぎるか…


優子にもよく言われる言葉だ…。






次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ