☆あの時…

□#03
1ページ/4ページ

#03

改めてよろしく!
――――――――
〜朝〜

ガララッ

「皆、おっす〜!超美人の

 メイちゃんだょっ!!」


シーン……。

《存在証明。

 あー、shutup…♪》←リン


「…Zzz」←レン


サラサラ…←絵書いてますw

『♪』

「…ブチッ←(笑)」


メイコは、リン&レン

ミウの近くにいき


リン→iPod没収

レン→叩き起こされる

ミウ→よく描けてると

ハグ(笑)


「何すんだよっ!

メイちゃん…ぢゃなかった!

先生!iPod返して!

音楽ないと溶ける〜」


「痛ぁっ!

骨折したらどうすんたよ!」


次々に出てくる文句に対して

ミウを

抱き締めたまま答える。


「だぁぁぁっ!

うるさぃっ!

転入生がきてんの!」


「「はぁっ!?」」←全員(笑)


『せ…先生苦しいですっ!』


「抱き心地抜群ねぇ〜♪

抱き枕みたいだわ!」


ベリッ←リンがメイコから

ミウを離す音(笑)


『ありがと、リンちゃん!

…先生、転入生って

猫村いろはちゃんですか?』


もちろんのこと

天使スマイルだったので

男子が赤くなるわけで。

天使スマイルとは、

リンがつけた

究極の笑顔。

川〇スマイルみたいな

ノリでさっ!

「知ってんだ…つまんな」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ