☆あの時…

□#05
1ページ/2ページ


#05

希望楽器は?
―――――――――


「ミウといろはの

 パートが決まった。

 ミウは、フルート。

 いろはは、ユーフォだ」


〜ミウ〜

「ミウちゃんだっけ?

 初音ミクです♪よろしくね!」


『よろしくお願いします^^』


「私は、フルートじゃなくて

 ピッコロだけどね〜」


〜いろは〜

「巡音ルキ…。腹式からやって」

「了解〜!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「じゃあ、ミウ。

 腹式やってみようか。

 できるぶんだけでいい

 終わったら言ってくれ」


『わかりました^^』


「あっ!ミウも腹式?」


『うん!一緒にやろっか!』



〜しばらくして〜


「も…もう、無理やっ!
 
 部長、部長、

 ミウすごいんや!」


「えっ?」


『あ、

 ルカ先輩終わりました^^』


「なん拍だ?」


「…20」


『えっと…30拍です』


「よし…2人共、

 マッピやってこい」


「『はい』」


その後、マッピで音が

出るようになり、

一週間後、正式に吹奏楽部の

部員に

なりました♪
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ