廻らないポラリス

□それは何かの因果だろうか
1ページ/2ページ


学園のとある階、とある空き教室にとある人間がいて、困っている人を助けてくれる――

「…"とある"しか言ってないじゃないですか」
「まあ、ツッコむな。そんな噂があんだよ」
「へえ」

放課後。
僕は帰り支度をしながら、犬飼君と雑談をしていた。
それは学園の噂の話。
僕は知らなかったが、意外と皆は知っているらしい。

「ま、そいつが誰かも知らねーし、会った奴もいないらしいがな」
「それじゃあガセネタですか?」
「さあな。俺はちょっと疑ってる」
「じゃあ何で僕に教え…、あ、そろそろ時間ですね」
「生徒会か?」
「はい。それでは」
「おー」

話を中断して生徒会に向かう。
一応、もうすぐ定時だ。
きっと会長と翼君は来ていないだろうけど。

「こんにちは」
「あ、颯斗君!」
「月子さん。何だか上機嫌ですね」
「うん!先輩と話してきたの」

先輩、というのはもう一人の女子生徒の三年生のことだろう。
僕は会ったことはないけれど。
楽しそうに、今日のことを話してくれた。

「それでね…、あ!会長」
「おや、遅かったですね」
「すまん!翼の発明品が逃げた。探すの手伝ってくれ!」
「…はい?」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ