廻らないポラリス

□願えることもないからと
1ページ/2ページ


「よう」
「一樹。珍しいな」
「お前何時までここにいんだ?もう下校だぞ」
「ああ、そろそろ帰るよ」
「その前に、ちょっと来いよ」
「どこに?」
「企業秘密だ」

薄暗くなった教室。
夏が近づいているせいか、まだ闇には程遠い。
そんな時間に一樹が来た。
いつも通り何か企んだように笑って。
…一体どこに連れて行く気なんだ…



「さあ、どうだ!」
「……わあ」

思わず感嘆の声を漏らす。
連れて来られたのは、屋上庭園だった。
七夕飾りが設置されている。
しかも例年より若干派手な気がする。
張り切ったんだろうな。

「綺麗じゃないか」
「だろ?お前のことだから見に来てねぇだろうと思って」
「まあ、図星だな。礼を言うよ。いいものが見られた」
「礼はまだ早いぜ?」

にやり。
また笑った彼の手には一枚の短冊。
そうか、自由に書けるんだったな。

「…ああ、ありがとう」
少し迷って、受け取る。
私の願うことは、もう叶わないとわかっているんだ。
だから。

「どこにでも吊していいのか?」
「早っ!何書いたんだ?」
「見るか普通」
「いいだろ。何々…"世界平和と安全と幸福を祈念"?相変わらずなんつーか…」
「何」
「いや」
「…飾るぞ」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ