廻らないポラリス

□周回軌道始まった僕ら
1ページ/2ページ

僕はずっとクリスマスが嫌いだった。
でも、この学園に来てから…とくに今年は去年より、すこしだけこころが浮き立っている。
一樹会長のせいも多分にあるのだけど、星月学園のクリスマスパーティーは大規模で大変だ。
けれど今年は奏羽先輩も手伝ってくれるようだから、嬉しい。
マドンナと姫と一緒に準備できる、と他の生徒たちも盛り上がっているのは少しもやっとするけれど。

「おーい颯斗、こっちの壁の装飾をつけるの、手伝ってくれないか。私では身長が足りない」
「ええ、喜んで」
「おい奏羽、それはすぐ近くに立ってる俺への当てつけか?」
「当然だろう」
「ちくしょう!」

昨日も今日も準備を進め、クリスマスパーティーは目前。
あわただしくも楽しく終わるものだと思っていた、のに。

「月子!!」
「危ない!」

ふざけていた男子生徒がクリスマスツリーにぶつかり、月子さんの方へ倒れていく。
駆け出した一樹会長がぎりぎりで彼女を助け出し、まるでその代わりかのようにツリーが無残に崩れ落ちる。
僕だって、肝が冷えた。
月子さんに声をかけようと足を踏み出して、会長と目が合う。
会長は男子生徒たちを叱ろうとしている…けれど、その前に、僕に合図を送るように視線を流した。
僕のとなり、奏羽先輩に。
つられるように視線を向けて、先輩が震えていることに気づいた。

「奏羽先輩…?」
「…あ、…ぃや…」

…ああ、そうか。
奏羽先輩は大切な人がいなくなることを、非常に恐れている。
こんな状況、取り乱すには十分すぎるだろう。

「奏羽先輩、落ち着いて、大丈夫。見て、月子さんは無事です。会長が守ってくれた」
「………そ、うだ、な、そうだ、うん、それは、それなら、良かった…」
「はい。大丈夫です。だから、落ち着いて」
「……すまない…」

静かに下を向いた奏羽先輩の肩に手を添え、会場の端へ移動する。
さっき頼りにしてくれた僕の身長じゃ先輩の表情は見えなくて。
…やっぱり、クリスマスなんて。

けれど、一樹会長が、奮い立たせてくれた。
気丈にも笑顔で立ち上がった月子さんと、何かに耐えるようにしながらも輪に加わる奏羽先輩。
みんなでツリーを直して、明日を迎えるんだ。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ