群青の空に唄ふ。




時は幕末。

京の治安維持を目的として結成された新選組。

怒涛の時代を駆けた彼ら。

その中に、歴史上決して語り継がれることのない、一人の侍がいた。


時代の流れに翻弄されながら、ただ己が道を駆けた、

ある侍の物語。



群青の空に唄ふ。


.

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ