鳴門の長い夢



私は、暗部の副隊長の座にいる。

ある日、任務が終わると火影様に呼ばれ任務を任された…


が、その任務は何とも言えない任務だった。
仕方なくうけたが暗部とその任務を両立するのわちょっと……











サスケは主人公に止められるので抜け忍にわなりません。

カカシ落ちです。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ