あの空の下で

□episode1
1ページ/4ページ






ごく普通の家に生まれ、


ごく普通に小学校に通い、


ごく普通に育った。


みんなと違うと言えば、父親がいないことくらい。


私はどこにでもいる子。


そう思っていた。


でも帝光中学校に入学してから、私はイジメを受けた。


どうやら私は、今年入って来た1年生で「1番かわいい」らしい。


もちろん、それを気に食わない女子も多くて。


入学して1週間で、イジメにあった。


イジメと言っても、他の子も先生方にバレるのが嫌なのか、陰口を言ったり少し無視する程度。


でも、私にとってイジメは今まで経験したことがない。


陰口を言われたり、無視されるだけで・・・そうとう心に傷を負っていた。


怖くて怖くて、なにも言えなくて。


ただ教室で大人しく座っていることしかできなかった。


でも、決して逃げたりなんかはしなかった。


お母さんに・・・お母さんに心配をかけさせたくなかったから。









「はぁー・・・やだな・・・。」




放課後、私はいつもこの場所に来る。


ブラブラと歩いていたら偶然見つけた場所。


夕陽が綺麗に差し込んでいて、すごく気持ちが落ち着く。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ