あの空の下で

□episode4
1ページ/4ページ






昼休み。


オレは弁当をもって屋上に向かっていた。


なまえいるかなと思って。


学校内ではなまえとすれ違うこともない。


きっと、教室でじっとしてるんだと思う。


変にウロウロすると、色んな女子の会話が耳に入ってくると思うから。


屋上の扉を開き、キョロキョロを辺りを見回す。


すると、目立たないところに小さな背中を見つけた。




「なまえー!」


「わっ!紫原くん?」


「うん、なまえが屋上で一人で弁当食べてるって聞いたから来たんだー!」


「ありがと、紫原くん・・・。」


「一人だから可哀そうとか、同情して来たわけじゃねーから。もう、友達だしー!」


「・・・っ、うん!!」




その安心した笑顔が見れて、オレもほっとする。


そうだよ、一人じゃないんだよなまえ。




「あの日以来、会ってなかったよね。」


「そだねー。なまえと学校内ですれ違いもしねーしー!」


「あんま目立ちたくないからね。」




困ったように笑う。


ほら、やっぱオレの思った通りだし。


どうにかしたいけど、時間の問題かも。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ