あの空の下で

□episode7
1ページ/4ページ






「なまえ?」


「っ!紫原く・・・え、松葉杖?」


「うん、昨日赤ちんに言われて病院行ったらこれ。まだ体がちゃんと成長してないから、あんまり無理するなって。」


「じゃあ・・・部活も来ないの?」


「ううん、なまえ行くからオレも行く。」




ドキン・・・




最近、些細な言葉で心臓がなる。


紫原くんとの距離も徐々に縮まってきてる。


嬉しいけど、ちょっと恥ずかしい。




「来てたか、2人共。」


「赤ちん。」


「赤司くん!」


「やはり松葉杖か。部活は来ないのか?」


「ううん、見学ー。」




赤司くんが来てくれてほっとした。


少しはドキドキを紛らわせれるから。




「あ、いたいたなまえちゃん!!」


「おー、集まってんな。」


「何故俺までここに来なければならないのだよ・・・。」


「さつき!青峰くんと緑間くんも!!」




青峰くんと緑間くんとは部活で知り合った。


紫原くんたちと同じ時期に昇格した1年生ってことで仲良くなった。




「さつきがみんなここにいるっつってたからな。」


「遊びにきたよー!」


「紫原、これをやる。」


「・・・は?」




そう言って紫原くんに手渡したものは可愛いクマのぬいぐるみ。




「ミドチン・・・なにこれ。」


「馬鹿か、クマのぬいぐるみなのだよ。」


「だからなんでオレに。」


「赤司から紫原は松葉杖の可能性が高いと聞いていたからな。今日のおは朝占い、てんびん座のお前のラッキーアイテムなのだよ。」


「オレ占いって信じねーんだけど・・・」


「ちなみに今日のかに座のラッキーアイテムは赤いシュシュだ。」




緑間くんが腕に付けているシュシュを見せると、みんなが笑いだした。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ