あの空の下で

□episode8
1ページ/4ページ






部活の朝練で帝光バスケ部1軍は早く学校に来ていた。


朝練にマネージャーは来ない。


なまえがいないと、やっぱりやる気がない。


朝練が終わって、制服に着替えたオレ達のところに桃ちんが慌てて来た。




「みんな!大変、どうしよう・・・。」


「さつき?どーした?」


「桃ちん?」


「朝から騒がしいのだよ。」


「何があった、桃井。」




桃ちんは息を整えてから必死な顔でオレ達に言った。




「なまえちゃんの・・・」




なまえ?


その言葉を聞いたオレらの目の色が変わる。




「なまえちゃんの噂・・・校内新聞で堂々と取り上げられてるの!!学校の至る所の掲示板に貼られてて・・・もうみんな大騒ぎ!!」




気づけばみんな走り出していて。


各掲示板に人だかりがある。


オレ達はその掲示板に目をつける。




【みょうじなまえ。部活に入ったのは男をたぶらかすため】


【バスケ部の男子を次々と自分のものに!!】


【他校のバスケ部にも手を出す!】




「見てんじゃねぇ!!」


「こんなくだらないものを、お前たちは信じるのか?」




峰ちんとミドチンが掲示板の前に行って、ポスターを剥がしながら言う。




「各掲示板に貼ってあるということは、全校生徒に見られてるとみて、間違いなさそうだ。」


「1つ1つ回って、剥がさないと・・・。」




赤ちんと桃ちんもそう言っている。


けど、オレの頭の中にあったのは・・・




「なまえ・・・。」




オレは急いでなまえの教室へと向かった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ