あの空の下で

□episode9
1ページ/4ページ






次の日。


あまり気が進まないまま、学校へと足を進める。


けど、学校に近づくにつれて足取りが重くなることも確かで。




「あ、ねぇあの子・・・」


「みょうじさんだ・・・」


「最近噂なくなってたと思ったけど・・・」


「可哀そうだよね。」




聞きたくない言葉が次々と聞こえてくる。


引き返したい、今にでも。


どうにかなってしまいそうで。




「うーっす、なまえ。」


「おはよう、なまえちゃん!」


「え・・・青峰くんにさつき・・・。」




青峰くんは私の頭をわしゃわしゃと撫でる。




「気にすんじゃねぇよ、言わせとけ。」


「え・・・」


「そうだよ、大丈夫!」


「二人とも・・・。」


「それより聞いてよ!昨日青峰くんたら・・・」


「バカ!それはもう許してもらっただろ!?」


「でもやっぱりムカツクんだもん!!」




その幼なじみの会話に、思わず笑みがこぼれる。


ありがとう。


元気付けてくれてるんだよね?


私は大丈夫だから。


2人共、ごめんね。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ