あの空の下で

□episode10
1ページ/4ページ






ポスターの問題から約3週間。


ここまでの騒ぎになったから、先生がこの騒ぎを治めた。


噂を言っている人達ももう飽きたみたいで、今は平和に中学校生活をなまえは送っている。




「紫原。少しいいか?」


「・・・赤ちん?」




弁当を持って屋上に向かう途中、赤ちんに呼び止められた。


人気のないところへ連れて行かれる。




「どーしたの赤ちん、なまえ待ってるよー?」


「・・・・・・。」


「・・・赤ちん?」




いつもと雰囲気が違う。


言いにくいことなのかな。




「紫原。」


「んー?」


「なまえをどう思う?」


「え、なまえ?」




どうって・・・。


・・・わかんない。


ドキドキしたりもした。


抱きしめたりも。


なんでそうしたのかは、分からないけど。




「俺は好きだ。」


「・・・っ!」


「なまえを好きになった。」


「・・・そ、そっかー。」




なんでだろ。


「好き」という一言がこんなに重いなんて。


なんでこんなに心がザワつくんだろ。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ