IF〜もしもの世界〜

□現人の世の詩を聴け
1ページ/4ページ

昌浩♀

焔の〜で一度死ぬも八岐大蛇のおかげで甦る。

その際、力を分け与えられ、巫女となる。

目覚めるとそこは出雲の森だった。

(ちょうど風音が倒れたあたり)

比古と出会い、少したってから素性を詳しく尋ねる。

自分は都に住む安倍晴明の孫娘でこの出雲には使命があってきた。

相棒だった十二神将の紅蓮を討ち、彼の魂を救うため自分の命と引き換えに彼を蘇らせた。

すべてを聞き終えた後、比古は居場所がないのなら自分の所にずっといればいいと言った。

昌浩はそれを吞み、比古達と暮らし始める。

その中で比古は昌浩の中の天孤の血を覚醒させた。

本編が始まる四年間の中で昌浩は名前を変え比古の婚約者になった。

けど、まだ自称はたまに俺。

見の腕は見る見るうちに上がり今では真鉄に劣らない腕前に。

衣裳は古代の者で女物。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ