頂き物

□伝説と新人U
2ページ/6ページ

―――やっぱりね。

特命部だなんて、ただの噂。

私の実力なんかで

そんな高嶺の部署を狙えるなんて

最初から思っていなかったけど

でも、やっぱり悔しい…な。






恵梨華の所属先は回収課と発表された。




この決定には誰もが驚いたが、意義を唱える者も誰も居なかった。




死神派遣協会回収課は協会の中でも1、2を争うほどの多忙な部署で、個性豊かな死神達が派遣員として毎日馬車馬のように働いていた。







「回収課…か」




寮に帰る道すがら、ボンヤリ空を見上げながら歩いていると、ふと後ろから声が掛けられた。






「君が噂の恵梨華だね?」






カツコツカツコツン…ッ…!



振り向くと、思いがけない人物が立っていた。






「…っ!?きょ、協会長!?」



「やあ〜♪そんな固くならなくても大丈夫だよ」




死神派遣協会協会長。協会の最高責任者であり、死神適性テストを過去最高得点で合格した優秀な死神でもある。




勿論、雲の上の存在であり、こんな道端で出会うなど想定外中の想定外。恵梨華は驚きのあまり固まるが、協会長は至ってマイペースだった。





「所属先が回収課に決まったそうだねぇ」


「…は、はい」


「どうだい、感想は?」


「……え?」





何故そんな事を聞くのだろう?そう思っていると、意外な言葉が聞こえてきた。






「私としては【特命部】に入って、私の元で頑張ってもらいたかったのだが……あのお馬鹿が…」


「お、お馬鹿?」




一瞬聞き間違いかと思ったが、そうではなかった。協会長は誤魔化すように笑って取り繕うと、本題を投げ掛けた。





「いいや、なんでもない。ところで、少しお使いを頼まれて欲しいんだが…構わないかい?」


「はい、それは勿論です」


「ヒヒッ…感謝するよ」






協会長は嬉しそうに口元を綻ばせると、懐から一通の封書を取り出し恵梨華に渡した。






「じゃあ、コレを―――」




その手紙の届先を聞いた途端、恵梨華は一瞬息の根が止まるほど驚いた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ