頂き物

□伝説と新人U
3ページ/6ページ



カツンッ…!




満月が辺りを優しく照らし、人々の数も疎らになった頃、夜のロンドンに一人の死神が降り立った。





カツコツカツコツ…





闇夜の中、全身に淡い月明かりを浴びながら、長い艶やかな金髪を靡かせ歩く。





カツコツカツンッ…!





その足が、とある店の前で止まった。





水牛や棺のオブジェに囲まれた、一際不気味な雰囲気を醸し出す建物。





葬儀屋【Under taker】





此処こそ、恵梨華がお使いを頼まれた場所だった。






「…懐かしいな」





伝説の死神と呼ばれる彼から【特訓】を受けたのは、ほんの数か月前のはずなのに、ずっと昔の事のように感じてしまうのは何故なのだろう。





店の扉の前で、そんな事を思っていると、不意に後ろから声が掛けられた。





「失礼。このような時間帯に、レディーがお一人で訪れる場所とは思えませんが…」


「…え?」


「このお店に何かご用ですか?」


「…あの、私は」





執事の恰好をした男性に、ニコリと綺麗な微笑みを向けられ、恵梨華は戸惑うように視線をさげた。







しかし―――。






「おや、これは珍しい。こんな所で死神のお嬢さんにお会いできるとは」





その言葉に驚き顔を上げると、真っ赤な血のような色をした瞳に見つめられていた。






「…っ!?あ、悪魔!?」


「フフッ…身構えなくても大丈夫ですよ。今の私は首輪付きの身ですから」


「・…っ!?」





一歩後退ると、長い指が伸びてきた。





白い手袋をした指先が、恵梨華の顎をクイッと軽く持ち上げる。






「それにしても、珍しい瞳の色ですね?」


「あっ」


「死神にしては深い…まるで春の深緑を連想さるような燐光です」


「は、離して…」






死神らしくない怯えた反応に、セバスチャンは物珍しそうに笑みを浮かべた。まるで獲物を捕らえた獣のように、その赤い瞳がスッと細められる。





「フフッ…おやおや、震えていらっしゃるのですか?」






ギイィィィーーーッ…






「―――っ…!?」






その時、店の扉が重苦しい音を立てて開いた。







「…執事くん。その手を…お離し?」






すると、扉の前に葬儀屋の姿があった。






「フフッ…葬儀屋さんのお知り合いですか?」


「…聞こえなかったのか〜い?」





密着する二人の姿に眉を寄せると、葬儀屋は再び低い声で告げる。





「その手を離せと、言ったんだけど?」


「貴方が感情をむき出しにされるとは…珍しいですね」






未だ離れる様子がない事に苛立ったように、葬儀屋はデスサイズをゆらりと取り出してきた。





「どうやら、その首…刈り取られたいらしいねぇ?」



「フフッ…なにやら、お取込みのご様子」






セバスチャンは悪びれる様子も見せず、スッと彼女から手を離すと、一歩飛び退くように後退した。





「今日のところはこれで…後日日を改めて、またお伺い致します」





そう告げると、セバスチャンは優雅にお辞儀をし、直ぐにその場から姿を消した。







「…あ」





緊迫した状況から解放され、恵梨華が我に返ると、心配そうに顔を覗きこむ葬儀屋と目が合った。






「あ、あの…」


「…よく来たね。まあ、お入りよ」





ガチャッ…


ギイィィーーーッ…






葬儀屋は扉を開けると、恵梨華を手招きし中に入るように促した。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ