短編夢小説T

□悪い子にはお仕置きを
1ページ/4ページ

「それじゃあ・・・小生は行って来るからねェ・・?」





アンダーテイカーは寂しそうに呟いた。





ふわりと抱きしめ、名残惜しそうに唇を重ねた。





「ちょ・・・!アバーラインさんいるからっ!///」





仕事に呼ばれたアンダーテイカー。





当然依頼主であるアバーラインがいる。





「じ、自分は何も見ておりませんので・・・///」





視線をそらしながら頬を赤くするアバーライン。





恵梨華はため息をついた。





「ヒッヒ・・いい子に待ってるんだよ〜?」





アンダーテイカーは気にする様子もなく、恵梨華の頭を撫でていた。





恵梨華は俯いて恥ずかしさに耐えていた。





「寂しくなったらいつでも小生の所へおいで?」





そう言ってるアンダーテイカーが一番寂しそうであった。





「でも一人で来ちゃだめだよ〜?外は危ないからねェ、執事君に電話して・・・」





言い終わる前に恵梨華が言葉を遮った。





「もう!大丈夫だから!早くいってらっしゃい!」





追い出すようにアンダーテイカーの背中を押した。





「しかし・・最近は美女を狙った連続誘拐事件が多発しておりますので・・・」





アバーラインも恵梨華の事が心配なのだろう。





不安そうな表情を浮かべる二人。





恵梨華はそんな二人を見て大きくため息をついた。





「私は大丈夫だから・・・ほら!お客さんが待ってるよ?」





閉め出すような形で二人を追い出しドアの鍵を閉めた。





ドア越しに二人の会話が聞こえてくる。





「警部補君、君も恵梨華が好きみたいだけどねェ?・・・あげないよ」





「じ、自分はそんなっ・・・!」





「ヒッヒッヒ・・・小生の恵梨華に手を出したら・・・すぐに冥界の門へ送ってあげるからねェ?」





アンダーテイカーの殺気にびくりと肩を震わせた。





「自分は、恵梨華さんが幸せならそれで・・・」





まるで自分に言い聞かせるようにぼそりと呟いた。





「(二人は外でなんて会話してるの・・!)」





丸聞こえのそのボリュームに呆れ返っていた。





「(まぁ・・・心配してくれるのは嬉しいけど・・さ)」





心配しすぎな二人に困り果てる恵梨華だった。





しばらくすると二人の声はなくなり、恵梨華は台所へ向かった。





「よし!それじゃぁ特製の骨型クッキー作ろうかな!」





準備をしていた恵梨華だったが、材料が切れている事に気がついた。





「うーん、買いに行きたいけど・・・一人で行くとアンダーテイカー怒るだろうしな〜」





暫く考えた結果、やっぱりセバスチャンを借りる事にした。





ファントムハイヴ邸に電話をかける。





「もしもしセバスチャン?恵梨華だけど実は・・・」





いつもならセバスチャンが電話に出ていた。





しかし今日は聞き慣れない声が聞こえてきた。





「セ、セバスチャンさんですだか!?い、今、坊ちゃんと一緒に出かけてますだ!」





「あ、メイリンだったの!?ごめんね!いつもセバスチャンが出てたからつい・・」





慌てて謝罪する恵梨華。





それから女の子同士という事もあり、二人は電話で盛り上がっていた。





「そうなんだ〜、メイリンはセバスチャンの事が好きなんだね♪」





「す、す、すすすすきだなんて・・・!///」





専ら内容は恋愛関係のものだった。





「でも、恵梨華さんが羨ましいですだよ・・・坊ちゃんもセバスチャンさんもきっと・・・」





言いかけて慌てて口をつぐむメイリン。





「な、何でもないですだよ!それじゃぁそろそろ仕事に戻りますだ!」





「(・・・?)あ、うん!メイリンまたお話しようね♪」





電話を切ると、急に店内の静寂が気になりだした。





「(誰もいないんだから・・・当然・・だよね・・・)」





一人でいる事に耐えられなくなった恵梨華は、買い物へと出かける事にした。





「(・・少しくらい大丈夫だよね)」





外に出ると、街はとても賑やかだった。





「さて・・・クッキーの材料買いに行こっと♪」





先程までの寂しさはどこへやら。





鼻歌を歌いながら楽しそうに市場へと向かった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ