☆リクエスト小説☆

□スマイル
1ページ/2ページ

神尾視点

俺は6時間目の終わりを告げるチャイム音と共に教室から出て、テニス部の部室へ足を急がせた。


へへっ 橘さん何て言うだろう…


期待に胸を踊らせ始めたのは約2時間前のこと…


ーーーーーーーーーーー


昼休み、いつものように弁当を食べ終えカバンに片づけているときだった。

ちょうど隣の席の女の子2人が楽しそうに何かしているのが見え「何してるの?」と興味本意で聴くと「手に落書きしてるの」とご機嫌そうな声で教えてくれた。
「ねぇーー」なんていいながら2人は顔を見合わせる姿は女子らしいと言える。


「どんなの書いてるの?俺にも描いてよ」

「今、半分のハート描いてたんだ♪」

「見て!2人であわせたらハートになるの」

「おぉ、すげーじゃん!」

「あ…でも描くと神尾君だけ半分になっちゃうね」

「ほんとだ…」


苦笑する2人。
「俺は気にしないよ」と言おうとしたが、そこにあのつぶやきがマッチした…




「あ〜あ。神尾ってホント嫌なやつ。ハートとかどんだけ乙女なんだよ。ってか描いた後ペア作るとしても橘さんとな〜んて、絶対にやらせないし。何「俺は橘さんと1番仲良しです」みたいなフラグ立てようとするんだろ。空気読めよ。((ぶつぶつ…」



それを聴いてギクっとした。
あらかた正解だったのだ。

「そ、そうだね…ハートは辞めようか…」





「ん〜…あ、じゃあ、これにしよっか♪」




ーーーーーーーーー
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ