short

□末っ子組の恋のおはなし
1ページ/1ページ



「ジョンオピひょん」

「ん?」

「デヒョニひょんがプロポーズの話ばっかしてくる」

「プロポーズ?誰にするの?」

「分かるでしょ、ひょん」

「あー、うんうん。なんだ、話が急だから実は釜山に彼女がとかそういう話かと」

「....いやいや、あれだけぞっこんだもん、ありえない」

「ジュノンアは?」

「え?」

「彼女はいるの?」

「え、あ、いや...好きな人は、えっと」

「好きな人がいるのか、青春だねー」

「オピひょんは?」

「俺は....んーコアラかなー」

「コアラ.....ああ、コアラ、コアラ」

「可愛い、コアラ。ジュノンアはさ、好きな人がいるなら告白の練習しないと」

「こ、こ、告白なんて、そんな!」

「想いは伝えなきゃ、ね?」

「ひょんが言うなら.....」

「俺を好きな人だと思って」


 
「オピひょん、すき」


「......」

「オピひょん?」

「ジュノンア、」

「今の本「コアラの次に好きだよ」

「.....コアラ」

「凄い感情こもってた。拍手。」

「ありがとうございます」

「あ、ジュノンア喉渇かない?なんかもってくるよ」

「オピひょんと一緒で」

「わかったー、待ってて」
 


「.....いつかコアラに勝つ」

 

――――――――――――――――――

オプくん×コアラ←違う
 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ