他校

□もう一つのプレゼント
1ページ/7ページ

鳳の誕生日、一週間前...。

そして、バレンタインの日でもある。

宍戸は、帰り道に鳳に何が欲しいかを聞いた。

「長太郎、来週、誕生日だろ?何が欲しいんだ?」
「はい。そうですね...。でも、俺は宍戸さんがそばにいてくれるだけで嬉しいです」

鳳は、ニコッと笑って言った。

「そ、そうか...///でも、やっぱり何かプレゼントしたい」

宍戸は、照れながら言った。

「何でも構わないので、楽しみにしてますね!それと、俺の誕生日はバレンタインでもありますので、チョコ用意しますね!」
「分かった。おう、楽しみにしてるぜ!」

長太郎の誕生日とバレンタインの日は、跡部たちが絶対に部室に押し掛けるだろう...宍戸はそう思い、溜息をついた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ