book

□不安な気持ち
2ページ/5ページ

「分かってくれた?」
「はい...」

俺は、素っ気なくそう一言返した。

英二先輩は、俺の質問や今の一言から感じたのか

「あ!もしかしてさみしかった?」

と聞いてきた。

「!!...そ、そんなこと...」

あ、当たってる...。何で分かったんだ...。
でも、当てられちゃったことが恥ずかしくて「そんなことない」って感じで返事をした。

だけど

「ホントかなぁ?素直になりなよ、おチビ?」

やっぱり先輩には、お見通しなんだね。
これって、俺のことをよく見てくれてる証拠だよね。
嬉しいかも...。

でも

「...名前で呼んでくれなきゃ言わない...」

こう言った。

せっかくだから名前で呼んでほしい。
だって今は、二人きりだから...。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ