book

□不安な気持ち
3ページ/5ページ

「もう...。分かった、分かった。素直になりなよ、リョーマ?」

名前で呼んでくれた...。嬉しい...。

だから

「(嬉しそうな顔をする) 実はね、さみしかった...」

さみしかったことを正直に伝えた。

「そっか、そっか。さみしい思いをさせてゴメンね?」

英二先輩は、そう言って謝った。

そして、頭を撫ででくれた。何か、照れ臭かった。

「...謝ってくれたから、許す...」

だから、俺も許した。

「リョーマ〜!大好き!」

そう言って、英二先輩は抱きついてきた。

「!!///(照れている)」

ホントに、この先輩はよく抱きついてくるよなぁ。
...嫌じゃないけど。というか、照れちゃうよ、これは...。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ