book

□ふいうち
1ページ/3ページ

部活もない放課後の教室、不二は菊丸の宿題を見てあげていた。

そして、ふと疑問に思ったことがあったため、直接聞いてみようと思い菊丸の名前を呼んだ。

「英二」
「ん?どったの不二?」

不二に名前を呼ばれたため、菊丸は手を止めて返事をした。

「僕達、付き合ってるんだよね?」
「そ、そうだよ?それがどうしたの?」

「どうしたんだろ?」と菊丸は思う。

「んー、何かさ恋人らしいこと全然してないなぁって思って」
「そ、そう?」

「恋人らしいことしてるような…」と菊丸は思った。

「うん。だからさ、キスしようよvV」
「へっ!?」
「ねぇ、しようよ英二vV」

ちょ、ちょっと待て、ここ教室…!と菊丸は焦る。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ